2009-04-09

基本中の基本

基礎練功的歩法
写真は、走圏練歩。
昨今の中国武術のスポーツ化 (套路競技化) に伴い、套路の難易度はエスカレートし、最早、健康体操としても存在の意義が疑わしくなって来ております。
特に、太極拳の暴走は目を覆うばかりで、武術はおろか体育性からも逸脱し、一貫性のない套路と武術的には幼稚な拳理を以て武術性を声高に叫び、当に本末転倒の様相を呈しています。
北京五輪時に行われたアクロバティク新套路のお披露目に、来賓の民間武術家は皆、腹を立てて帰ってしまう始末だったと聞いています。
現に、武術として太極拳を教授している教室等は日本にありませんし、太極拳の真の姿も伝わってはおりません。 基本的な用法だけで武術を名乗るのは生徒さんを騙すのに近い行為ではないでしょうか。
明らかにスポーツであり、表演競技であり、健康体操であるのだからその様に教授されれば良いのではないでしょうか。 武術ならば、始に門派の技巧を体現する為の身体作りが待っています。 
まあ、それでも表演套路武術をやりたいと思われる方は、割り切って街中の太極拳教室等々を覗かれると良いでしょう。 しかし、中国武術を目指す方は少し大変です。
中国、日本の諸事情を少なからず知っておかなければ、良い師、良い教室を探し出す事は難しいと思われます。
良い師、良い教室を探し出す目安としては、「中国武術は套路から始める事はありません。」 これだけでも知っていれば、大半の表演套路武術教室は避けられます。
套路から学ぶものはないし、套路を何百年やっても達人にはなれません。 武術の全てを学び、体得した者がやって、初めて意味が有るのですから。


練武不練功
好似没油燈
黒暗無方向
到老一場空


(套路ばかりをやり基本をやらないのは
 油が切れると火も消えるランプと同じ
 火が消えれば立ち往生してしまう
 それは歳と共に全て消えて無くなる)


是は、周老師が事ある毎に口にする言葉です。

(意味としては ・ ・ ・ 飾りばかりに気を取られ、基本をしっかり身に付けない者は、止めれば何も残らない。 続けたとしても、歳と共に身に付けたものは衰える。)

腿は人の根です。 根を張らなければ開花はありません。 武術の根も、腿にあります。 (気功をやる場合は特にです。)
歳を重ねる毎に、如実に表に現れますので中国武術を目指す方々は、避けてはならない事です。
まず始めなければならないのは、門派の技巧を背負う身体作りから ・ ・ ・。 と言う事です。

上の写真は、一般的な走圏練歩という練習方法ですが、腿力、腰力、眼力、全てを鍛える事の出来る優れものです。
これがすべてと言う訳ではなく、最も基本的な鍛錬のひとつの方法なので、御紹介しようと考えたのです。 鍛錬法は他にも無数にあります。
詳しくは、中日国際五行通背拳協会、公式サイトの方で説明したいと思います。

基本は全ての始まりですから、避ける事無く見据えて行かなければ、練拳者 (武術を習得しようとする者) とは言えないのではないでしょうか。

皆さんはどの様に御考えでしょうか?
 
 


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

何故だろう!

特に太極拳に付いて言えば、明らかに競技であり、スポーツであり、健康体操であるのに、何故、武術を標榜しなければならないのだろう?
それが中国武術の誤解に繋がっているのに。

山に登らなきゃ…

どんなに高く、険しい山でも、諦めず苦難を乗り越え、一度でも頂上にたどり着けた者は、二度目からは一度目とは違い簡単に登れる。でも、途中で諦めた者は、何度登っても難しく頂上にたどり着けない…それは、何もしてないのと一緒だと 老師が言った事があります。諦めず、日々努力ですね~( ̄∀ ̄) わかっちゃいるけど…う~ん心とカラダがバラバラ

難しいですね…

何て言ったらいいか…難しいですね(-_-;)
基本が大切なのはよくわかります!!基本がしっかり出来ていれば何に対してもくずれたりすることはないと思います!何をするにもベース作りは大切(>_<)b

う~ん…うまく言えない(-_-;)すみません(T_T)

切に、願っています。

現実、真の武術 (又は、武術の本質) は中国政府の指示によって、その流失を止められています。
特に、日本に伝わる事はまず、無いと考えた方が良い様に思われます。
が、それを良しとしない老師が存在するのも事実です。
練拳者の皆さんが、その様な老師に巡り合う事を、切に、願っています。
プロフィール

 協会役員会

Author: 協会役員会

月別アーカイブ
電脳郵件
 お気軽にどうぞ!!

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電影下載 【YouTube】
 キーワードで動画検索

developed by 遊ぶブログ
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT