2009-09-02

過ごし易い季節になって来ました ・ ・ ・!!

日中は、まだまだ真夏日が続いておりますが、日も暮れて来ると気温が下がり過ごし易くなって、練功には、良い時期となりました。
しかし、ちょっと油断すると体調を崩し易い季節でもあります。 ぼちぼち夏場の練功から、冬場の練功へとシフトを考えても良さそうです。
特に、日が暮れてからの練功は、上着を一枚用意しておいた方が良いかも知れません。 この他に注意点としまして、

* 汗を掻いたら着替えは小まめに。
* 特に喉周りはしっかりと汗を拭って。 (汗の引き始めに皮膚温度が下がり、雑菌の繁殖が活発になります。)
* 地面に直に座らない。 (直座りは、思う以上に腰を冷やします。タオル等を敷いて。)
* 運動の中止や、体温上昇に至らない運動 (ストレッチ等) の時は、体温を逃がさない服装などを考えて下さい。
* 筋力的練功から骨を鍛える練功へと、練功も変化して行く時期ですから、体調管理には細心の注意が必要です。

夜空にはオリオン座が顔を出して、冬への移りを知らせています。
夏場の疲れや新型インフルエンザの流行もあり、体調にはくれぐれも御用心を ・ ・ ・。

  
スポンサーサイト
2009-05-10

伝統拳と制定拳

中国武術「伝統拳」は「一人一拳」と言われます。 是は、「十人十色」と言う事です。基本は同じでも、伝承者の理解に依り姿を変化させます。
又、伝承者独自の工夫を凝らす場合もあります。 (この事を許したのは、中国の、大陸的な大らかな気質とその懐の奥深さによるものです)ですから、
同じ門派、拳種であっても継承者に依り違った風格を持ちます。 武林界では当たり前の事で、この風格から、誰からの継承なのか、
といった継承系統が判る様になっているのです。
以上の事は、中国武術に於いて、基本的根幹を成すもので、中国武術の「進化」「発展」に寄与する最大要因の一つと言えます。 
「進化・発展」を内包する、積極的伝承の連なりは、「伝統」と呼ばれています。
伝統拳とは、現在でも進化・発展し続ける「拳」を指して言うのです。

制定拳は、中国武術各派の技巧を集め、一連の動きに纏めた「套路」を言います。武術色を薄めた分、多くの人が親しむ事の出来る「体育」的要素の強い運動となり、
健康の維持・促進を第一義に編纂されました。 この恩恵に授かる人々は非常に多く、武術愛好者の底辺を広げ、中国武術の名を一般にまで知らしめた功績は、讃えられるべきものです。
然しながら、その一方で、拳理と伝承を持たない「制定拳」は、進化・発展が無い為に、「新たな套路」編纂によるステータス追及へと走り始めた様です。
求心力を得る為の意向が、逆に、武術愛好者人口を絞ってしまう結果に繋がろうとしています。 套路化の第一義までもが薄められては、
才ある一部の人だけのものに成りかねませんし、それでは本末転倒だと言わなければなりません。
何かを出来る訳ではありませんが、「制定拳」が武術を標榜する以上、注視しなければならないと思うのです。
(中国の武術現状を見分頂ければ、お分かりになると思います)
2009-04-09

基本中の基本

基礎練功的歩法
写真は、走圏練歩。
昨今の中国武術のスポーツ化 (套路競技化) に伴い、套路の難易度はエスカレートし、最早、健康体操としても存在の意義が疑わしくなって来ております。
特に、太極拳の暴走は目を覆うばかりで、武術はおろか体育性からも逸脱し、一貫性のない套路と武術的には幼稚な拳理を以て武術性を声高に叫び、当に本末転倒の様相を呈しています。
北京五輪時に行われたアクロバティク新套路のお披露目に、来賓の民間武術家は皆、腹を立てて帰ってしまう始末だったと聞いています。
現に、武術として太極拳を教授している教室等は日本にありませんし、太極拳の真の姿も伝わってはおりません。 基本的な用法だけで武術を名乗るのは生徒さんを騙すのに近い行為ではないでしょうか。
明らかにスポーツであり、表演競技であり、健康体操であるのだからその様に教授されれば良いのではないでしょうか。 武術ならば、始に門派の技巧を体現する為の身体作りが待っています。 
まあ、それでも表演套路武術をやりたいと思われる方は、割り切って街中の太極拳教室等々を覗かれると良いでしょう。 しかし、中国武術を目指す方は少し大変です。
中国、日本の諸事情を少なからず知っておかなければ、良い師、良い教室を探し出す事は難しいと思われます。
良い師、良い教室を探し出す目安としては、「中国武術は套路から始める事はありません。」 これだけでも知っていれば、大半の表演套路武術教室は避けられます。
套路から学ぶものはないし、套路を何百年やっても達人にはなれません。 武術の全てを学び、体得した者がやって、初めて意味が有るのですから。


練武不練功
好似没油燈
黒暗無方向
到老一場空


(套路ばかりをやり基本をやらないのは
 油が切れると火も消えるランプと同じ
 火が消えれば立ち往生してしまう
 それは歳と共に全て消えて無くなる)


是は、周老師が事ある毎に口にする言葉です。

(意味としては ・ ・ ・ 飾りばかりに気を取られ、基本をしっかり身に付けない者は、止めれば何も残らない。 続けたとしても、歳と共に身に付けたものは衰える。)

腿は人の根です。 根を張らなければ開花はありません。 武術の根も、腿にあります。 (気功をやる場合は特にです。)
歳を重ねる毎に、如実に表に現れますので中国武術を目指す方々は、避けてはならない事です。
まず始めなければならないのは、門派の技巧を背負う身体作りから ・ ・ ・。 と言う事です。

上の写真は、一般的な走圏練歩という練習方法ですが、腿力、腰力、眼力、全てを鍛える事の出来る優れものです。
これがすべてと言う訳ではなく、最も基本的な鍛錬のひとつの方法なので、御紹介しようと考えたのです。 鍛錬法は他にも無数にあります。
詳しくは、中日国際五行通背拳協会、公式サイトの方で説明したいと思います。

基本は全ての始まりですから、避ける事無く見据えて行かなければ、練拳者 (武術を習得しようとする者) とは言えないのではないでしょうか。

皆さんはどの様に御考えでしょうか?
 
 


プロフィール

 協会役員会

Author: 協会役員会

月別アーカイブ
電脳郵件
 お気軽にどうぞ!!

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電影下載 【YouTube】
 キーワードで動画検索

developed by 遊ぶブログ
 
BBS7.COM
MENURNDNEXT